アトリエ ヒロにようこそ♪
  Home | Profile | Photo | Atelier| Blog | Contact | Links   

                                                 水先案内てふてふ
或る日のアトリエ
或る日のアトリエ


モールド(石膏型)。
モールドに泥奨(どろどろの液体粘土)を鋳込みしたところ。
鋳込みを終えて取り出された顔。
型取りをした顔は乾かしてから、約700℃のキルン(窯)で4時間ほど素焼きします。
素焼きされた物の磨き作業。表面の傷を細かいヤスリや自分の指紋を使ってなだらかにします。この時に目が入る部分のくりぬき作業も。
この後本焼きに。最終到達温度、約1,230℃までで8時間くらいかけてゆっくりと。
本焼きが終わって、ビスク(磁器)になった物に絵付けをしているところ。
何段階かに分けて焼成して行きます。
オールビスク(全身磁器タイプ)。最後に組み立て作業。
麦わら帽子を作っているところ。麦のブレードをくるくると縫いとめて行きます。
人形のかつらつくり。素材はモヘアや人毛を使います。
Bru シェブロボディ制作。アンティークに忠実のバランスを出しながらの制作。


Copyright(C)2017 Atelier Hiro All Rights Reserved.